スポンサーリンク
起業・ビジネス

【体験レビュー】freeeからスマホで開業届を提出!注意点や流れについて解説

【freee開業】スマホで電子申請 開業届提出の流れを解説

「freee開業」を使って開業届を提出したい!

でも、

スマホから電子申請ってどうやるの?

この記事では、

  • freee開業を使って開業届を提出する流れ
  • バーチャルオフィスはどこに記入するの?
  • 開業届の控えはどこからダウンロードするの?

など、開業届を提出しようと考えている

個人事業主・フリーランスの方のために、

free開業の電子申請の流れを解説していきます。

2023年に実際に利用した体験談・口コミになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【freee開業】アカウントを作成するだけで開業届が作成できる

freee開業は、

  • 無料で利用できる
  • 質問に答えるだけで開業届が作成できる

便利なサイトです。

まず初めに、

freee開業のWEBサイトにアクセスします。

さっそく始めるボタン】をクリックして、

freeeアカウントを作成します。

  • メールアドレス
  • パスワード

同意して登録する】をクリックします。

アカウントに登録するだけで、無料で電子申請を利用することができます。

【freee開業】で開業届を提出する手順

freeeアカウントでログインすると、

という項目が表示されます。

7つの質問に答えていくことで、

簡単に開業届が作成できるようになっています。

①申請者の情報

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号

個人情報を入力していきます。

②働く場所

  • 事務所を開いて働く
  • 事務所の住所(バーチャルオフィス
  • 事務所の住所を納税地にしますか?
    →「しない

「バーチャルオフィス」を事務所にしたい方は、こちらに入力します。

「バーチャルオフィス」の料金を経費にしたい方は、開業届に記載しておくのがおすすめです。

事務所を納税地にしないにすると、自宅の住所が自動的に納税地に設定されます。

③仕事の概要

  • 仕事の種類
  • 仕事の概要

ドロップダウンリストから選択します。

④屋号

  • 屋号
  • 事業開始日

屋号の入力は任意になります。

確定申告時に設定・修正ができるそうです。

事業開始日は、自分がこの日からスタートすると決めた日で良いそうです。

わたしは、開業届の提出日にしました。

⑤収入(所得)の種類

  • 事業所得
  • 不動産所得
  • 山林所得

ほとんどの方が事業所得になると思います。

⑥従業員・家族の給与

  • 今はない

ここで従業員について入力すると、

青色事業専従者給与に関する届出書」が作成されます。

家族を従業員として雇う予定がある方は、この書類を提出しておきましょう。

⑦確定申告の種類

  • 青色申告55万円控除
  • 青色申告10万円控除
  • 白色申告

青色申告は開業日から2ヵ月以内に提出しないといけないため、

開業届と一緒に提出します。

赤字の繰り越しができるため、とりあえず申請しておきましょう。

ここまで入力した内容で書類が作成されます。

【freee開業】スマホ申請するために必要なモノ

7つの項目を入力し終えたら、

いよいよ電子申請の準備です。

スマホで電子申請するには以下のモノが必要です。

  • マイナンバーカード
  • マイナンバーカードに対応したスマホ
  • マイナンバーカードの暗証番号
  • マイナポータルアプリ
  • freee電子申告・申請アプリ
  • JPKI利用者ソフト※Andoroidの方のみ

【freee開業】スマホで開業届を提出する手順

ここからは、

スマホから開業届を提出する流れになります。

①書類の提出先を選択しましょう

入力した住所から提出先の税務署が選択されます。

②書類の提出方法を選択しましょう

  • スマホで電子申請
  • PCで電子申請
  • 税務署で提出
  • 郵送

「スマホで電子申請」を選択すると、必要な手順が表示されます。

③書類を確認しましょう

入力した内容から以下の書類が作成されます。

  • 個人事業の開業・廃業等届出書
  • 所得税の青色申告承認申請書

【書類を確認する】ボタンを押すと、

作成された書類のPDFが自動でダウンロードされます。

「開業届」「青色申告」の控えも一緒に作成されているので、こちらからいつでもダウンロードできます。

④提出の準備をしましょう

もっとつながるを開く】という青いボタンをクリックします。

マイナポータルアプリが起動するので、ログインします。

  • つながっていないウェブサイト
    国税電子申告・納税システム(e-Tax)を選択
  • 「つなぐ」ボタンをクリック
  • e-Taxを利用したことがある方
    e-Taxへログイン
  • e-Taxの指示に従って「つながり完了」

e-Taxをはじめて利用する方は、「e-Taxの利用手続きへ」をクリック。

⑤作った書類を提出しましょう

マイナンバーを入力する欄があるので、

マイナンバーを入力して「保存」をクリックします。

ここで入力したマイナンバーはfreee内に保存され、

電子申請するときに使用されるそうです。

  • freee電子申告・申請アプリ
  • JPKI利用者ソフト

がインストールされた状態にします。

提出(電子申請アプリを起動)】という青いボタンをクリックします。

必ず青いボタンを押してfreee電子申告・申請アプリを起動してください。直接アプリから申請しようするとエラーが出ます。

freee電子申告・申請アプリから開業届を送信

freee電子申告・申請アプリが開くので、

freeeアカウントでログインします。

すると、

と表示されるので、

マイナンバーカードの読み込みへ】をクリックします。

2回マイナンバーカードの読み取りを求められるので、

  • 利用者証明用パスワード
  • 署名用パスワード

をそれぞれ入力します。

これで開業届の提出は終了です!

⑥申請書類の受付が完了したか確認しましょう

受付結果の確認】という青いボタンをクリックします。

freee電子申告・申請アプリで提出した書類が表示されるので、

受付完了となっていれば、無事に提出できています。

e-Taxのメッセージボックスも確認しておきましょう。

e-Taxのメッセージボックスに「受信通知」があれば、無事に送信されています。

「エラーが発生しました」と表示されて開業届が提出できない!

わたしの場合、

スムーズに電子申告できませんでした。

マイナポータルアプリとe-Taxを連携しただけでは、

電子申告できないので注意が必要です。

たぶん初めて開業届を電子申告する方は、エラーが出ると思います。

電子申告開始ナビを使って「利用者識別番号」を取得する

ここで「freee電子申告開始ナビ」が登場します。

エラーが表示された画面に電子申告開始ナビのリンクが張ってあるので、そこから入れると思います。

freeeのアカウントを使ってログインします。

持っていない方は、「e-Taxで利用者識別番号を取得する」をクリックします。

e-Taxで確定申告をしたことがある方は、「利用者識別番号」は発行されているはずです。

わたしは「利用者識別番号」までは取得済みでした。

電子申告開始ナビを使って「電子証明書」を登録する

電子証明書の登録

「利用者識別番号」を持っている方は、

次のステップで、「電子証明書」を登録します。

どうやら、「利用者識別番号」と「マイナンバーカード」を使って、「電子証明書の登録」をする必要があるそうです。

利用者識別番号(数字16桁)を入力して、登録ボタンをクリックします。

  • freee電子申告・申請アプリが起動
  • freeeのアカウントでログイン
  • 電子証明書のダウンロードが完了しました
  • 利用者識別番号に紐づく暗証番号を入力
  • マイナンバーカードの読み込み

以上の流れで電子証明書が登録できます。

電子証明書の登録結果を確認するボタンがあるので、「受付完了」と出たらOKです。

ここまでやってようやく電子申請ができたのでした。

スマホで電子申請するメリット・デメリットは?

「電子申請」と「郵送」のメリット・デメリットをまとめてみました。

電子申請のメリット
  • その日のうちに開業届が手に入る
電子申請のデメリット
  • プロセスが多く時間がかかる
  • 税務署のハンコがもらえない
郵送のメリット
  • 税務署のハンコ入りの開業届がもらえる
郵送のデメリット
  • 提出してから控えが届くまで時間がかかる

屋号入りの口座やクレジットカードを作るときに、ハンコ入りの用紙1枚だけで済みます。

電子申請した場合、「開業届」と「e-Taxの受信通知」の2枚必要です。

個人事業主の「納税地」はどこになるの?

個人事業主の納税地についてですが、

基本的に「住所地」となっています。

納税地とは、

  • 所得税等の税金を納める場所
  • 確定申告をする場所

になるため、自宅の住所を記入します。

個人事業主の「納税地」は賃貸マンションでもOK?

ネットで検索すると、

納税地を賃貸マンションにすると大家さんにバレる?

と心配する声がありますが、

  • 納税地の記入欄で「住所地」にチェック

を入れるだけで大丈夫です。

法人の納税地が「本店」「事業所」となっているため、情報が混ざっているのかなと思われます。

法人の納税地(事業所)を居住用の賃貸マンションにした場合、大家さんにバレるそうです。

法人の納税地=法人登記した住所となるため、大家さんに税金が発生するそうです。

【開業届】freeeで電子申請は急いでいる人におすすめ!

開業おめでとうございます!
出典:freee開業

「freee開業」を使って、

スマホで電子申請する手順を解説しました。

わたしの場合、当日中に開業届が必要だったため、

freee開業で電子申請しました。

  • 時間がない人
  • すぐに開業届が必要な人

には、電子申請が早くておすすめです。

特に急がない人には、郵送一番簡単だと思います。

これから開業届を提出する方は、ぜひ参考にしてみてください。

参考記事
>>【個人事業主】引っ越しで住所変更!開業届の再提出&納税地の異動届について(体験談)